Q4 2018 XRPマーケットレポート

Rippleは2018年Q4に$129.03MのXRPを売却、2018年全体で$535.56Mを売却

  • RippleによるQ4の売却は世界のXRP取引量の0.24%に相当
  • 30億XRPが暗号化されたエスクローからリリースされるが、24億XRPは再度エスクローに返却される
  • XRPの平均日次取引量($585.7M)は2018年Q1以降最高を記録
  • XRPを取り扱う世界の取引所の数が100を突破

 

RippleのXRPの売却

2018年Q4において、Rippleは$88.88M相当のXRPをプログラム売却しました。これはQ4における世界のXRP取引量の0.16%(16.2ベーシスポイント)に相当します。

これに加えて、Rippleの子会社でマネーサービスビジネス(MSB)の登録およびライセンスを受けているXRP II, LLCは$40.15M相当のXRPを機関投資家に直接売却しました。

合計で、RippleはQ4において$129.03M相当のXRPを売却し、2018年を通して合計$535.56M相当のXRPを売却しました。

Q4のエスクロー状況

2018年Q4において、エスクローから30億のXRPがリリースされました(1ヶ月につき10億)。24億のXRPは返却され、新たなエスクロー契約に格納されました。残りの6億のXRPはエスクローには戻されず、RippleNet拡大促進プログラムやXpringによるSecuritizeの投資など、XRPのエコシステムを支援するための様々な施策に活用されました。

XRPコメンタリー

ボラティリティと取引量

Q4はここ最近に比較してXRPのボラティリティが全体的に落ちついた四半期となりました。XRPの日次リターンのボラティリティは5%であり、2016年Q4以降最低の四半期平均ボラティリティとなりました。また逆に、XRPの平均日次取引量は大きな上昇を見せました。XRPの平均日次取引量は$595.7Mとなり、2018年Q1以降最高の四半期平均取引量となりました。

それに加えて、Q4の終わりにかけて、XRPの他の有数のデジタルアセットとの相関係数は、2018年Q1終わりからQ3初めにみられたように、高いレベルに回帰しました。

新たな取引所

Q4において新たに30の取引所がXRPの取り扱いを開始しました。これらの追加によって、現在XRPを取り扱う取引所の数は全世界で100を突破しました。

また、少なくとも他の一つのデジタルアセットに対してXRPをベースとして取り扱う取引所は9つとなりました。世界最大のデジタルアセット取引所であるBinanceはTRON (TRX)とZcoin (XZC)に対してXRPをベースとしたペアを取り扱い開始しました

xRapid

10月初めには、XRPをオンデマンドの流動性として活用するRippleのプロダクトであるxRapidの商用提供が開始しました。MercuryFX、Cuallix、そしてCatalyst Corporate Federal Credit Unionが初の利用金融機関となりました。全米で1,400以上のメンバーおよび顧客向けクレジットユニオンにサービスを提供する卸売型協同組織金融機関であるCatalyst Corporate Federal Credit Unionは顧客の代わりにxRapidを利用して新たな国際送金サービスを提供する予定です。

マーケットコメンタリー

ステーブルコイン

この四半期では、米国ドルなどの法定通貨に対してペッグするデジットアセットであるステーブルコインにメディアの関心が集まりました。その中でもステーブルコインに関する最大のニュースは、幅広く使われているステーブルコインであるTetherが実際は支払い能力を有する可能性があるというBloombergの報道でした。この報道の前は、ブロックチェーン業界の多くの人がTetherは発行された全てのTetherに対して裏付けとなるドルを保有していないのではという懸念を持っていました。この報道によって、このような懸念は当面和らぎを見せました。

また、注目を集めたBasisというステーブルコインが規制面の懸念のために、投資家から集めた$133Mのほとんどを返却するというニュースもありました。

その他の関連するニュースとしては、CoinbaseがUSDCというステーブルコインをユーザーがウォレットで保有できるようにする計画をアナウンスしました。また、FacebookはWhatsAppにおいて送金のためにステーブルコインを検討しているという噂が報じられました

ステーブルコインは興味深い技術で検討に値するものではあるものの、分散されたデジタルアセットに比べて、一つの組織によって裏付けされるコインについては注意をすべきです。ステーブルコインは金融システムの中にカウンターパーティリスクとトラスト(信頼)を引き起こし、ブロックチェーンとデジタルアセットの根本的な命題を蝕む可能性を秘めています。

クリプトの規制と成熟化

Q4において市場は引き続き成熟化を見せました。まず、ICOを含む、疑わしいクリプトプロジェクトに対してとられる法的な措置の件数が増えました。このようなプロジェクトを一掃することによって、実験や詐欺的な行為が消えることで一時的に市場は縮小しますが、長期的には正当なプロジェクトが繁栄することになるでしょう。

さらに、米国や諸外国において著名な金融機関がデジタルアセットやブロックチェーンの計画を前に進める様子もみられました。

以下がいくつかのハイライトです。

Q4における注目すべき法的措置

Q4における機関投資家の関心

2018年Q3のXRPマーケットレポートはこちらからご覧になれます。

Note: An earlier version of this post included a table that stated Q2 this was an error the data was for Q4.