MoneyGramは国際送金の迅速化のためにXRPを活用

国際送金は大きなビジネスです。2016年には、海外労働者による本国の家族への仕送りや、海外のビジネスパートナーとの取引決済のためなどに、$600Bnもの国際送金の取引が行われました。

送金業者は顧客に海外送金サービスを提供していますが、残念ながら現在の送金モデルでは、送金の流動性調達のために世界各地の口座に事前のファンディングをする必要があります。このプロセスのため、送金はコストが高く時間がかかるものになっており、送金業者にとっても、また顧客にとっても悩みの種でした。

顧客がより素早くかつ低コストで国際送金を実行できるように、世界最大の送金業者の一社であるMoneyGram社は送金フローにおいてXRPを活用します。

XRPを活用することで、MoneyGramは、多くの金融機関が長年直面している流動性の問題を解決することができ、かつ時間とコストを削減することができます。加えて、顧客はリアルタイムで、追跡可能でかつ高い確実性のある送金を行うことができるようになります。

XRPとxRapidによりオンデマンドで流動性を調達

MoneyGramは、Rippleのオンデマンド流動性を提供するプロダクトであるxRapidを通して、XRP Ledger上に固有のデジタルアセットであるXRPにアクセスし、送金フローの中で活用することができます。

仕組みは以下のとおりです。xRapidはXRPを通してリアルタイムの外国為替 (FX) の決済を可能とします。金融はそれによって流動性を解放し、たった一つのファンディングされた送金元アカウントから複数のコリドーにアクセスすることが可能となります。

更に、金融機関はオンデマンドの迅速な決済が可能となり、FXコストと送金手数料を削減することができるようになります。顧客は送金ステータスについてリアルタイムの透明性を得ることができるようになります。

MoneyGramのAlex Holmes社長はプレスリリースで以下のとおり述べています。「Rippleはブロックチェーン技術の最先端を走っている会社であり、xRapidのパイロットを楽しみにしています。この取り組みは効率性を高め、MoneyGramの顧客へのサービスを向上することに貢献すると信じています。」

Rippleは国際送金の改善に尽力

Rippleは今日国際送金において存在する非効率性や問題を解決することに専念しています。それは銀行、事業会社、またはその他の金融機関による、世界中全ての送金が対象となります。

RippleのCEOであるBrad Garlinghouseは以下のとおり述べています。「送金に関する問題は銀行だけではなく、MoneyGramのような、海外労働者が愛する家族のために送金を行う手助けをする送金業者にも影響を与えています。3秒以内での決済を可能とするXRPのようなデジタルアセットを活用することで、私たちの顧客は情報と同じように瞬時に送金をすることが可能となります。」

xRapidの詳細については、RippleのSolutionsページをご参照ください。